2009年11月7日土曜日

骸の爪読んだ

道尾秀介 作 骸の爪を読みました.
以前読んだ『背の眼』の後の話です.

この作品も一文で表現するのが難しいのですが,あえて言うなら,一人の作家が仏所に関わることで,昔あった事件が露呈し,最近起きている事件の真相に近づくという話です.
面白いです.

0 件のコメント:

コメントを投稿