2009年11月8日日曜日

シャドウ読んだ

道尾秀介 作 シャドウを読みました.
愛という感情によって突き動かされた人間が,人間的にむかつくやつをやっつけるという話です.

この道尾小説は,人が死ぬことがためらいなく書かれているので,続けて読んでいると,濃いラーメンを毎食食っているような気分になります.

0 件のコメント:

コメントを投稿