2009年11月14日土曜日

ドミノ読んだ

恩田陸 作 ドミノを読みました.
ある事件を中心に関わる人たちの一日を描いた作品で,それだけ聞くとなんとも普通な小説に感じますが,特殊なのはその手法人物の数.結構多い.それぞれがそれぞれの物語を持っており,読み応えがあります.
ギャグみたいな小説です.

0 件のコメント:

コメントを投稿