2009年11月10日火曜日

TanaCounter開発した

TanaCounterと名付けたソフトを開発しました.
ボタンがひとつ付いており,そのボタンを押す度に,押した時間(年月日時分秒)をcsvに出力するソフトです.
たぶん,似たようなソフト作った人はたくさんいるはず.なんせこんなの大学生ならだれでも作れるようなレベルのカスソフトです.

ただ,私には結構真面目な目的があります.
それは,自分がどんなタイミングで心を乱すかを知る,といったものです.

ソフトを使うための準備はひとつです.使用者が心に起きる動揺などの条件を設定する,です.これで準備は整います.

準備が整いましたら,ソフトを立ち上げ,設定した条件に合う事象が起こる度にクリックします.
クリックするたびに,その時間をログが自動的に残っていきます.
そして,ある程度の時間(数週間程度でもいいかな)が経過したあと,そのログを分析します.

クリックが時間に依存するならば,時間帯によってクリック回数の偏りができますし,曜日や日なら日ごとに偏りがでるはずです.
ある程度,傾向がつかめたら,その時間帯の自分の行動を思い返すことで,クリックさせた原因が見えてくるはずです.
原因が判明すれば,避けられるものなら避けるように過ごせばストレスは減るし,避けられないなら,クリックデータをもとに,原因に働きかければ,原因を抑制できるかもしれません.

明日から会社で使ってイライラっぷりを可視化しようと思います.

まぁここまで書いておいて,あれですけど,本当にくだらねーことを考えているなと,自分自身で思います.

ソフトは後で公開します

追記2009年11月10日
ソフトの公開できるサイトを知らない.いつか公開します.

0 件のコメント:

コメントを投稿