2011年11月29日火曜日

15kg持って腹筋100回と120kg漕ぎ10回

今日は15kg持って腹筋100回と120kg漕ぎ10回です.
腰が痛みそうだけれど,引きが強くなってる感はあります.

2011年11月28日月曜日

内臓が荒んでいる

最高な飲み会をしたせいで内臓が荒んでいる感じがします.
いたるところが痛いんです.
もう3杯以上飲むことはやめます.

首痛い

首の付け根痛いです.
トレーニングのせいなのか,酒の飲みすぎなのか,ほかのなんなのか原因はわかりませんが違和感ありです,

姿勢悪いんでしょうかね.

2011年11月25日金曜日

ちゃんとしておくものだ

自分に関係ないとしてもお客さんが来るときは,ひげを剃っておくものだと知りました.
常々ちゃんとしてないとダメです

30分走4km,ローイング100kg20回+120kg3回,15kg腹筋100回

木曜日が終わる前に更新できなかったですが,木曜中にトレーニングはしました.
30分走4km,ローイング100kg20回+120kg3回,15kg腹筋100回.
まぁ健康のためです.

2011年11月23日水曜日

2km20分走と100kgローイング20回

ひさしぶりに走ってみました.
寒いときは走るといいです.

2011年11月22日火曜日

15kg持って腹筋100回,130kgローイング3回

ひさしぶりだ.
今日は15kg持って腹筋100回,130kgローイング3回しました.
130kgの漕ぎは心が折れます.
これがさくっとできるようになってこそ,本物の研究者だと思いました.

今日は過激に寒かった

朝からびっくりするくらい寒かったです.
I橋氏はこの寒さを「師走並みの寒さで完全に冬の気圧配置だ」と難しい言葉を巧みに使って頭いいアピールをしてました.

今日は日記も寒い.

2011年11月20日日曜日

つくば旅

さて,くだらない文句言ってないで,某つくばの旅でもまとめてみます.

二日間いましたが,とにかく寒かったです.
パーカーとジーンズ,マフラーで過ごしましたが,震えるくらい寒かったです.

つくばの道路はこんな感じでした.




車がすごく多い印象.
また,運転が荒らそうに見えました.
めちゃくちゃ寒いのにオープンカーを運転しているおっさんとかを見ました.

この次の写真あたりから筑波大学の構内.




ヘリポート?






という感じです.
大学内には学生が多くいました.

今回は某研究会に参加してきました.
CGとCVの合同の研究会でした.
合同だったおかげで,ふたつの研究会の文化の違いを感じることができました.
CG関係で見たことある先生の多くはスーツを着ていませんでした.発表中に発表者にいきなり質問したりしませんでした.
一方,CV関係の先生の多くがスーツを着ていました.発表中にいきなり質問する人もいました.
それ以外は,さほど違いは感じませんでした.

発表に関してですが,多くの発表者が時間内に発表を終えていないようでした.
時間は守ろうぜ,と念じながらの参加になりました.

懇親会では,いつも通りおとなしくしておりましたが,数名の方とお話ししました.
はじめてお話しする人もいました.
顔見知りが増えてよかったと思います.
このような懇親会は,国内トップ層と直に,研究内容ではなく,人間を見れる珍しいチャンスなので面白いです.

研究会には,私が所属している研究所の人も数名参加しており,少し話をしました.
ドライな冗談を聞きましたが,それくらい仲が良く,風通しがいいということでしょう.

こんなもんでしょうか.
とにかく発表は面白いので,周りの学生も活発に発表するようになればいいと思います.

それとmasafumiさんはやっぱり有名人で,いろいろ聞かれたので,聞いてきたやつらに嘘8億吹き込んでおきました.これで超絶いい人だと勘違いした人が増えると思います.

品位

品は大切だとすごく感じました.
スーツ着てても,品がないのは美しくありません.

下品なおっさんたちは,若い人たちに悪い例を見せて,教えてくれています.
これからも恥をばら撒いて,若い人たちに悪い例を見せる活動を続けてほしいものです.

2011年11月17日木曜日

やや受け

今日,発表しました.
反応は悪くない感じでした.
いろいろ仕込んだネタは,やや受けでした.
とりあえず,聴講者に話は聞いてもらえたかと思います.

2011年11月16日水曜日

野暮用で茨城県つくばまで来ました.
正直,移動は大変でした.
石川小松→東京→茨城つくばのJR&つくばEXルートです.
小松から都内に入るまでは,なぜか予定より二時間早くついたのですが,そこで余裕ぶっこいて飯食って酒飲んでうろうろしたので,結局夜中につくばに着きました.
つくば駅についてからがまた大変で,方向感覚が全くなかったので,ホテルにたどり着けず,30分くらいと駅周辺をうろついてしまいました.
道や方向など知っていれば,小松からは5,6時間で着くのでしょが,いろいろあるともっとかかりますね.
もう少し予習しておけばよかったです.

出発

野暮用で出かけるのですが,出発1時間前の今でも準備している体たらく.
準備といっても,よりよく過ごすため程度のものなので,いらないといえばいらない.
準備止めて,3日間はつぶすつもりで行こうかな.なんてね

2011年11月15日火曜日

15kg持って腹筋100回と100kgローイング10回と120kgローイング3回

15kg持って腹筋100回と100kgローイング10回と120kgローイング3回.
120kgは,引っ張るだけなので,背中と腰が鍛えられるはずなのに,腹筋も痛くなるレベルの重さでした.

石川は寒くなった

暑いときは寒いほうが良いなぁ,なんて思っているけれど,いざ寒くなると,寒いのは嫌だ,となるわけで,人間って本当にわがままな生き物だと自分自身で実感しつつ,このわがままがあらゆる発明を生み出す原動力なのだとも理解している.
石川は寒くなった

2011年11月14日月曜日

ぐっさん夢の国へ

ちょっと前に,ぐっさんは大学から一旦離れて夢の国に向かった.

昔々,ぐっさんが砂浜でいじめられている亀を助けたら,亀が「ぐっさん,良いところに案内するよ」と.でも,ぐっさんは「ええわ,パス」と言って,さっさとその場を去ってしまった.
亀は日本海に沈む太陽をぼんやり見て,「昔,助けてくれた伊勢の男は,太平洋側では海から太陽が昇って,その太陽もきれいだよ,でもお前はもっと・・・って言ったくれたのに.ぐっさんは何も言ってくれなかった」とつぶやいた.

数年後,亀のことなんか忘れてたぐっさん.
顔だけ良い性格ブスと付き合っていた.
おまじないで人間になっていた亀は,性格ブスと付き合っているぐっさんを不憫に思い,ぐっさんに声をかけた.
「昔,助けてもらった亀です.その女はヤバいんで,私と来ましょう」
「嫌だよ.世の中,顔だろ」
辛辣な言葉を浴びせて,亀を蹴っ飛ばした,
飛びながら,亀は女の姿から亀の姿に変化した.
さらに,手足をひっこめ,そこからジェットエンジンを出し,甲羅の縁が多少伸び,空気をつかめるような形状に変化した.
そのまま亀は,空を飛んでいった.
ぐっさんは亀が遠くに行くのを見届け,付き合っていた性格ブスとデートに出かけた.

亀は泣いた.
泣きながら復讐を誓った.

翌年,ぐっさんは手足から炎が出ている美女と付き合い始めた.
世の中,顔だ.

そして,その美女を仰向けにして,ナニをπに挟んで跨って間に,女がジェットエンジン全開で飛んで,一緒に向こうの世界に行ってしまいましたとさ.
めでたしめでたし.

2011年11月13日日曜日

準備

さて,先日買ったPCの準備ですが,発表だけはできる状態になりました.
なので,発表の練習して,多少まともに話をできるようにしておこうと思います.
それとソフトウェアのインストール等の準備が残ってるので,それも終わらせて,移動先でもなんかかけるように準備だけはしておこうとも思ってます.
それにしても,なにかと時間がかかります.

2011年11月12日土曜日

新しいPCへの移行に使っていた外付けハードディスクを壊した件

不注意だった.
新しいPCが来たことに浮かれて,外付けハードディスクにそのPCを落として衝撃を与えてしまった.
外付けハードディスクはもっと頑丈だと思っていたけれど,こつんとやっただけで,ピッピ言い出して,認識しなくなってしまった.
今回は生きていたが,運が悪ければ落とした新PC逝ってた.
もう回転する系の記憶メディアは使いたくなくなった.

2011年11月10日木曜日

15kg持って腹筋100回

ほかにトレーニングルームを使っている人がいたので,今日は腹筋だけ.
15kg持って腹筋100回.

なぜか足首が痛くなりました.

100kgローイング20回と15kg持って腹筋100回

背筋と腹筋トレーニング.
100kgローイング20回と15kg持って腹筋100回.
肩が痛いかも.

2011年11月9日水曜日

15kg持って腹筋100回

背筋しようと思っていましたが,ほかの人が使っていたので今日は腹筋だけ.
15kg持って腹筋100回です.

姿勢よくいなきゃね

2011年11月7日月曜日

ローイング100kg10回,腹筋15kg持って50回

体の疲労もあり,ローイング100kg10回,腹筋15kg持って50回で限界を感じました.
ちょいバランスを整える意味でもいいかなと.

背筋も鍛えようかしら

これまでひたすら腹筋ばかり鍛えてきたが,今後はバランスも気にしようかしら.
ということで,あとで背筋も鍛えてきます.

2011年11月6日日曜日

日曜,終わった.

今日は朝の早くから起きているせいで結構眠い.
時間が過ぎ去るのが速すぎる.

そして関係ない上に,今更だが,筑波キャンパスはつくば駅から相当遠くて,ふつうはバスを使って移動するということを今日知った.
乗り遅れたら,亀戸に行こうと決めている.

2011年11月5日土曜日

驚懼疑惑が起こるなんて当たり前だから常に正常な判断できるようにしておけという理解

驚懼疑惑を克服するということは,驚いたり恐怖したり疑心を抱いたり惑ったりということが心に起こると,正常な判断ができなくなるから,心を鍛えて恐懼疑惑を起こらないようにしておく,ということなのだけれど,恐懼疑惑しない人なんてあまりいない.
どういうわけか,この世では想像もつかないことが簡単に起きる.
いくら準備しておいても,恐懼疑惑するのだから,しょうがない.
だから,恐懼疑惑を避けるよりも,恐懼疑惑したときでも正常な判断できるように,正常な判断の基準を自分の中で持っておいて,いかなるときにも,その基準を満たすように活動しておくことが大切だと理解しています.
今のところ.

自分の体の活動時間を自由に決めれたらいいのに

午前中に力を出したい時と,午後に出したい時と,夜中に出したい時があるのに,自分で自由に決めれないって本当に不自由です.
性質なんでしょうけれど,自由に設定できればより良い生活が可能になるのに,と感じます.
今のところ,ある程度の期間を使った調整がせいぜい良いところなんでしょう.

と,こんなことをぼやくのも理由があって,このごろ午後型になってるんですが,午前6-12時くらいをメインにしたいことがあるのです.
でもそれが週に一日だけだったりするので,それ以外は午後でいいのです.
それが以外と不自由で,げんなりなわけです.
性質なんだと諦めます.

2011年11月3日木曜日

よーわからん

議論を避ける評論家もどきの言うことはよくわからん.
もう見なくていいのかな.

2011年11月2日水曜日

オリエント急行の殺人読んだ

アガサ・クリスティー作 山本やよい訳のオリエント急行の殺人を読みました.
ざっくり内容を書くと,ポアロが乗っていたオリエント急行で起こった殺人事件を自身で解いたという話です.
読者を最後になって裏切る構成です.
ポアロが椅子に座って考えたときが,話が転がる準備だと知っていればニヤニヤするし,知らなければびっくりするのだと思います.

訳本にも関わらずフランス語と英語の区別をしているところが面白く,それに加えて,実は事件解決につながる伏線になっていることがさらなる面白みになっているのだと思います.
時代が変わり,この作品の旅は道連れの世界は薄くなってきていますが,それでも想像に足るだけの情報が組まれており,情景の想像が容易くなっています.
時代を超えて愛される作品というのはこうでなくっちゃという感が理解できました.

15kg持って腹筋100回

変わらずしんどいが腹筋!
15kg持って100回しました.
おっさんだけどがんばるぞ.

2011年11月1日火曜日

ぐっさんのシャープペンシル

ぐっさんは10年近く鉛筆型のシャープペンシルを愛用している.
一時,流行して私も使ったことがあるが,使い勝手が悪かった記憶がある.
ぐっさんは,それを10年近く使っている.
これだけを聞くと変な奴だと思ってしまうが,あんな過去の話を聞いたら,誰もが納得すると思う.

ぐっさんがまだハワイに住んでいたとき,キャサリンという彼女がいた.
キャサリンは,ちょっと丸めだが,かわいらしい女だった.
性格もよく,よく笑う子だった.
キャサリンは日本人なので,漢字では伽鎖凛と書いた.
親がメリケンかぶれなので,そういう名前を付けたらしい.
その後,実際にハワイに住み始めたため,ちょうどよかったと思っているらしかった.

キャサリンとぐっさんはいいカップルだった.
当時のぐっさんは男前だったので,誰もが羨むカップルだった.
しかし,カップルの関係は長くはなかった.
年末に起こった大雨の後,二人をある悲劇が襲った.

大雨の影響で近くの川が増水し,ぐっさんの家のものが流されていた.
そして,ぐっさんは流されたものを探す日々が続いていた.
ぐっさんに付き添って,キャサリンも一緒に探してくれていた.

ぐっさんが一番見つけたかったものは,チビ(ペットとして飼っていた木の枝)だった.
ずっと探していたが,チビは見つからなかった.
両親が使っていたさまざまな玩具は見つけれたのに(両親は他人が見つけなくてよかったと思ったらしい),自分の探し物は見つからなかった.
ぐっさんは悲しんでいた.
悲しむぐっさんを見て,キャサリンも悲しくなっていた.

悲しみから解放されるために,キャサリンはチビの代わりになる何かをぐっさんに見つけてもらうことを考え始めた.
キャサリンは鉛筆が好きだったので,鉛筆に関するものが良いと思った.
それで,ずっと使える鉛筆型のシャープペンシルをプレゼントすることにした.
キャサリンは早速,シャープペンシルを買いに出かけた.

買い物をするために外を歩いてしばらくすると,何やら頭上が騒がしいことに気が付いた.
そして,キャサリンがふと上を見上げると,空に円盤型の何かが飛んでいた.
直感的にUFOだと思った.
そう思った瞬間,キャサリンの意識が遠のいた.

しばらくしてキャサリンの意識がはっきりしたとき,目の前にはメカメカしい機材が並んでいた.
UFOの中だと気付き動こうとするが,キャサリンは全く動けなかった.
何やら大変な状況であることに気が付いた瞬間,キャサリンは最新型のボールペンに変えられてしまった.
UFOに乗っている宇宙人ルックの着ぐるみを着た科学者らしい人が「はっはっは,本当にボールペンになっちまったぜ.実験は成功だ.」と大きな声で言って,そのボールペンを使い始めた.
この瞬間から,キャサリンはボールペンとして生きることになってしまった.

キャサリンが突然失踪してしまい,ぐっさんはこれまで以上に悲しんだ.
辛さを忘れようと,いろいろ試みたが,なかなか立ち直れなかった.
そんなぐっさんを見て心配になった両親は,ショッピングモールに連れ出し,気晴らしをしてもらおうと考えた.
そしてぐっさんと両親は出かけることにした.
ぐっさんにとっては久しぶりの外出だった.
久しぶりの外出で頭のネジが飛んだのか,ショッピングモールでは,いろんなものを買いまくった.
その中に,たまたま鉛筆型のシャープペンシルも入っていた.

家に帰ってしばらくして,ぐっさんが買ったものを見直しているとき,そのシャープペンシルを手に取って,黙り込んで,微動だにしなくなった.
ぐっさんには,そのシャープペンシルのさきっぽがキャサリンのおっぱいのように見えたのだった.
ふとキャサリンを思い出して,ずっとそのシャープペンシルを大切にしようと決めたのだった.

そんな過去があったせいで,今でもずっとそのシャープペンシルを大切に使ってとのことだ.

15kg持って腹筋100回

今日はしんどい.
運動としてはキーボード打ってるだけなのに疲れました.
ということで,セーブして,15kg持って腹筋100回です.
それと,ストレッチをしました.
ストレッチはやると良いかも,です.