2012年3月31日土曜日

目がかゆい

花粉症じゃないはず.

そして眠い.これは筋トレのせい.

2012年3月30日金曜日

今後,単精度使うわ

型変換鬱陶しい.
これからは単精度で計算することにした.
今まで,倍精度使ってたけれど,倍精度受け付けない場合やその対処の型変換が面倒.

リスト構造も鬱陶しい.
便利だけれど,変換鬱陶しいからやめた.
古典的な書き方が楽.

あと,カチカチなオブジェクト指向もやめた.
短いコードで完璧に走ればいいわ.
安全に使い回しできるけれど,チームで書いてるわけじゃないし,アホじゃない限り関数だけで管理できる.

今までいろんなことを気にしてたのがあほらしくなってきた.

次の勝負の準備開始.

2012年3月28日水曜日

純米酒か熱燗を飲もう

最近いろんな銘柄の日本酒を呑んでますが,口に合うのは,純米酒,純米吟醸.高いけれど,どんなの味方してもおいしい.香りも良い.
醸造アルコールがたくさん入ってる感じがするとにおいが強くて,いまいち.そんなでも熱燗ならうまい.
安酒でまずいと思っても熱燗にすればいける.
まずい大吟醸でも,熱燗にすればそこそこのレベルに感じる不思議.

生き方上手読んだ

日野原重明著 生き方上手を読みました.
メッセージ性が強く,概ね共感できます.
ざっくりいうと,他人の常識にとらわれすぎず,自分で考えて活動しろ,ってことです.
まるっきり信じて行動するとドツボにハマるんでしょうけれど,まともな神経を持っている人にはポジティブに働く本です.
若いうちに理解できると良いことが多く書かれています.

2012年3月27日火曜日

個体の入力と出力がつながってればいいって,当たり前に見えて実際は稀


今日の話を聞いて,頭に浮かんだことメモ.

共生のためには,組織内のすべての個体において他の出力が自分の入力となっていることが理想で,その連結がないと,組織内でストレスが起こることはわかった.
そのストレスをなくすためには,すべての人が他人の吐き出す否定を自分の肥やしにできればいいのだろうけれど,現実的に考えて不可能.
強い信頼感が組織全体にあれば,解決できるようだけれど,そんなこと稀.
みんな問題解決に挑めるほど頭良くないからしょうがない.

2012年3月25日日曜日

砂の女読んだ

安部公房作砂の女を読みました.
初めは失踪者を探す話かと思いましたが,逆で失踪者側の話でした.
失踪者は失踪者になりたいわけではないけれど,失踪者になってしまって,その生活になじんで,幸せを感じ,これまでの生活の欠点を見出していく描写がリアルで,あぁ,何とも言えない羨ましさを感じる作品でした.恐ろしい.素晴らしい. 男なら羨ましいと思うはず.

リアルタイム化したいなぁ

もうほんと,使いやすさはリアルタイムでの編集だと感じる.
今,携わっている仕事もリアルタイム編集できるようにしたい.うん.しよう.そうしよう.

腹減った

勉強したいなら学校行けって言う人いるけれど,きっと大学行ってない人か大学でも研究してない人だなと思うことにした.
勉強したいならのくだりは否定しないけれど,馬鹿にしたような言い方が命削って研究活動している人に失礼だなと思った.
実際,研究活動に必死な人はそんな言葉は耳にすら入らないだろうけど,なんか気になった.腹減った.

2012年3月24日土曜日

飽きる

飽きることができるってのは,生きていくためにかなり重要な能力だ.と実感.
悩み続けられる奴はきっと飽きれない性質.
自分はいろんなことをくっだらないと言えば,くだらなく感じて飽きてしまう.たとえエロい話でも.

新品はいい

蛍光灯変えたら周りがクッソ明るくなって感動.

すっきりしないぜ

心身ともに疲れを手短にとる方法ないだろうか.
ググって最初のほうに出てきたwebサイトに書かれた方法では釈然としないぜ.

帰宅

石川神奈川の往復はきついわ.

2012年3月22日木曜日

どうなんでしょう

どうしよう

移動

呼び出しをくらったので横浜に向けて出発.

2012年3月21日水曜日

egsr開いてた

egsrの投稿サイトがオープンしてたのでアブストまで登録.
さっさと結果と考察を書き直して投稿しよ.

2012年3月20日火曜日

Museええな

彼らの曲聞いてるとかなり集中できる.
侘びしさを感じるからかも.

紛失する

夢の中ですが,車を捨てたり,靴をなくしたり,一日一個何かを失くしていっています.現実にはなくなることはありませんが,なぜこんな夢を見るのでしょう.気味が悪いです.

2012年3月19日月曜日

なるほど,体が細いと何でも着れるのか.
ブスでも着飾ればきれいに見えるという理由で,女性は細さに執着するのね.
でも,女性はみんなきれいだよ.つってね.
やっぱりビートルズってすごい.

はがれたら痛い

キーボードを打つだけで血がにじむ.
爪がはがれたところから,じわじわと血が出てくる.
爪ははがすものじゃなくて,切るものだ.と,過去の爪はがそうとしている自分に言いたい

2012年3月18日日曜日

対岸の彼女読んだ

角田光代作 対岸の彼女を読みました.直木賞作品.
ざっくり内容を言うと,同い年で異なるステータスを有する二人の女性が一緒に仕事するという話です.
読んでるとクッ,クッと横隔膜が上がるような侘びしさを感じます.
対岸の彼女は対岸の火事をもじって言ってるだけかと思ってましたが,そんなギャグではないようです.

それにしても,この作家先生は,男性に恨みでもあるのでしょうか.どの作品も,ずいぶんアホな男ばかりに見えます.実際に世の中はこんなクズ男ばかりでしょうか.

爪がはがれた

中指の爪の端っこが引っかかるから,毛抜きで引っぱったら爪がはがれた.
血が止まらない.
良い子の皆さんは爪が引っかかっても引っ張らずに切るようにしたほうがいいよ

2012年3月16日金曜日

人間失格読んだ

太宰治 作 人間失格を読みました.
葉蔵というボンボンが演技派で不幸を感じて,それを紛らわすために酒と女にすがってクズになった様を見つめているという内容です.
名作です.

名言とされている,「幸福も不幸もありません。ただ、一さいは」,のくだりは,下痢の中で出る言葉です.

2012年3月15日木曜日

今日ha中止

昨日と明日の間が今日で,生きているのは今日なのだけれど,どうも今日を生きている感じがしない.
昨日呑んで,明日も呑むだろうから,今日も呑む.でも,今日,呑んでる気がしない.
ウィンドウズ使ってて,BSD使って,gentoo使って,マック使って,またウィンドウズに来たけれど,やっぱり浮気はよくないと思った.
とか頭に浮かべてたら,後輩の就職祝い飲み会が中止になってた.祝われる後輩が昨日の前夜祭のせいで気分悪いらしい.そんなに呑んでないのに.

2012年3月12日月曜日

空中庭園読んだ

角田光代 作 空中庭園を読みました.
この作品は目次からして面白いです.
ざっくり内容をまとめると,みんな秘密裏にラブホでセックス,みたいな話です.本当はしないんだけれど,響き的にそんな感じです.

しかし,そんな文は軽くはなく,本当に人間の欲というか嫌なところを書き出しています.
大人は思い込みで他人を都合良く使おうとし,子どもは大人より大人らしいというリアリティがある作品でした.
ほんと,えげつない.
この表現力にびっくりしました.

2012年3月11日日曜日

決心

今日は休日らしく過ごしました.
コーヒー飲みながら本を読む.ただそれだけのことだけれど,普段と違うので新鮮です.
でも今後は,ダラダラ過ごさずに体を鍛えようかと思っています.

「昨日は少し奇妙な体験をしました.
昨日,ちょっと体を動かしたくなって,ボクシングジムに出かけました.
普段ならジムなんか入りにくいですが,前に声をかけてくれた人がいたので,行ってみるだけ行ってみようと気になっていました.
別にボクシングしたいわけでも人を殴りたいわけでもなく,少し体を動かしたかっただけですが.

初めてなので縄跳び1分くらいしたら見学してますって言うつもりでした.
でもあれよあれよと,1時間くらいのメニューに付き合ってしまいました.
休憩もあったので,そこまで辛くはありませんでしたし,なかなか面白いものでした.
でも,その練習中に,気味悪いと思ったことがありました.

後ろから視線を感じて,視線の方向を確認すると,丸いレンズのサングラスをかけた拳法家のような雰囲気の老人がこちらを見てました.
一瞬ニヤリとしたかと思うと,帽子をかぶってジムから出て行きました.

その後は何もなく練習が終わり,シャワーを浴びて,お世話になった人と少しおしゃべりしました.
その中で,老人のことを周りに聞いても知らないと言っていました.
 ジムから家に帰る近道,4つ目の交差点で信号待ちしているときに後ろから声をかけられました.
振り返ると例の老人でした.
唐突に老人は言いました.
『君,センスよさそうだからAVに出てみないか』
と.
すごく迷いました.
なんせ昔からのあこがれの仕事です.
うーん,とうなった後,ぼくはこう言いました.
『はい.よろこんで』

撮影はすぐにはじまりました.
スタジオはジムからそう遠くない某ホテルの一室.
相手は34歳主婦の設定です.
あの老人は監督でした.
監督の合図で絡む前の撮影が始まります.
ぼくにもセリフがあったのですが,ネタっぽくしないと恥ずかしくて言えませんでした.

『おくさーん.どうなのよ,おくさーん,え,おくさーん.』
ぷぷぷ,と奥さん設定が笑います.

『ハイ,カット―.だーめだよ,きみー.そんなえぐえぐ奥さん奥さん言っちゃ.もっとさわやかに言ってよね,もうほんと.』

こんなことを何回か繰り返してる間に,和やかな空気になり,まぁこれもこれでありか,という感じになりまして,なぁなぁなノリでいろいろやって終わりました.
お礼として,業務用コンドーム1箱をもらいました.
確かに契約書なんか書いてないし,お金もらうなんか言ってないので,文句も言えません.
とりあえず,面白かったから,友達紹介してくれと言われました.
本当は警戒するはずなんでしょうが,迷わず先輩のぐっさんを教えました.
するとすぐさま,ひとりのスタッフが,ぐっさんに電話をしました.
数分面白いやりとりがあったあと,求職中の先輩がいるから,そいつに仕事をやってくれとの話で決着がついたらしいです.さすがぐっさん,機転がききますね.

するとスタッフはこう言いました.
『君はもういいから 』
世の中は無情なもので,組織は,まともな人が入ると,アホは捨てられるという仕組みです.
私は, アホなので,さくっと捨てられました.
来週からはDUXさんが奥さんの担当らしいです.」と,後輩が話していました.
私はそれを聞いてイケメンはスカウトされるんだなと感心しました.
私もイケメンになるようにトレーニングに励もうと決心しました.
そして,きれいなお嫁さんを貰って,世界中旅をしようと思います.

311

事件だった.
現実の映像でも,リアリティを感じないってことを初めて知った日でした.
この先どうなるかもよくわからん.

2012年3月8日木曜日

躊躇なく一升瓶

やばいやばい.
そう思った時には概ねのことは,後戻りできないくらいにヤバいもの.

最近,後輩のI君と頻繁に日本酒を呑んでいるのだが,その都度,「もう自制できなくなりそうだ」という話が出ている.というのも,我々は毎日日本酒の数合を呑んでは,活動し,呑んでは活動を繰り返している.4合瓶なんてあっという間になくなるような飲み方だ.
そんな日々を過ごしたせいか,最近,一升瓶を躊躇なく買えるようになっているのに気付いた.少し前までは,「一升瓶は多いな」などとちょろい考えがあったため,4合瓶で買っていたのだが,今はその躊躇いが無くなってしまった.
ダメ人間に向かって突き進んでいる気がする.
もうヤバいのではなかろうか.

このところ,結婚も考え始めた.
「バカヤロー,酒だ,酒.酒を持ってこい」と言いたくてしょうがない.このセリフを言いたいがために結婚してもいいくらいだ.もちろんギャグで言うのだが,これが言いたいのだ.
幸いにも,相手がいないので,このギャグを受ける女性はいない.

やばい.本当に人間的にどうかしている気がする.
やばいやばい.

今日も酒がうまかった.
今さらだが,ビンセントにこの味を覚えさせなかったのが心残りだ.

2012年3月4日日曜日

2012年3月3日土曜日

ギャグならおもろい

思わず笑っちゃったので,メモ.

エントリーシートの書き方を書いてある本が研究室に置いてあったので,読んでみたけれど,はっきり言ってゲロ.まぁ,技術系向けじゃないのだろうけれど.
「先輩社員の話を聞いて,興味持ってます」,みたいなことを書いてたりするけれど,若造が話聞いただけで理解できるほど業界の基礎知識あるわけないだろ.と突っ込まれないと思ってるのかしらん.

まぁギャグとしては面白いので良いかもしれませんが.

知らんけど.

先に言っておくけれど,私はカナダ人ではない.
「カナダ人カナダ人カナダ人カナダ人」
ぶつぶつつぶやきながら,目覚めた.朝になった起きる.これは当たり前.でも「カナダ人カナダ・・・」とつぶやきながら起きたのは初めてだ.
私はカナダ人になりたいのか,なったつもりで生きたいのか,それともカナダ人が好きなのか.
とりあえず,今朝のキーワードはカナダ人だった.

そんなキーワードで思い出したことがある.
それはぐっさん.
たまに彼は白い顔をしている.
なぜかは知らんが,非常に不健康そうな顔をしている.
そんな白いぐっさんが,ペラペラと流ちょうに英語をしゃべるものだから(私たちの日常会話は英語),なんだか日本人ではないという錯覚に陥る.
まるでカナダ人.
そう思ったことがあった.
カナダ人のぐっさんは白いこと以外はいつも通りの鬱陶しい感じのぐっさんだから,我々からの扱いはさほど変わらないのだけれど,ド低能な女どもには,うけがいい.
繰り返して言うのは危険な気がするが,カナダ人のぐっさんは,ド低能な女にもてる.
それこそ信じられんくらいに.
この前,合コンにいったときなんかひどかった.
5:5なのに,ぐっさんと5人のぶさいくなド低能な女の飲み会と4人のクールな男子会に分かれてしまっていた.それくらいぐっさんはド低能なんだ.ちきしょー.

そんなこんなで,カナダ人という言葉には,親しみがあるのだけれど,今朝のカナダ人についてはさっぱりわからない.
まぁ,カナダ人と発したのもなんかの縁なので,これからはカナダ人になったつもりで,生きていきます.
何かする時でも,カナダ人ならこんなときどうするか,を想像してから行動に移すことにします.
これで俺もモテはじめたら,カナダ人ってすげーなと思うことにします.
カナダ人のことなんかこれっぽっちも知らないけれど.

2012年3月1日木曜日

ゆがむと戻らない

金属を削ったり,人に質問したりしている中で,金属も人もゆがむと戻らないということを知りました.