2014年12月31日水曜日

今年は

結局何も達成できませんでした。
今年はいろいろ抗ってみたけれど、結局抗うことが向いていないことがわかりました。
今後は流よう。私の場合は流れた方が結果はいい。

今年の最後の最後で、linkedinというのを友人から誘われて、アカウントを作りました。courseraとリンクできるので、なんとなく評価されているような気持ちになれるので、モチベーションになります。

簡単な運動(73kg)

1kg減。
維持するはずが、減らしてしまいました。
昨日のトレーニングはスクワット50回1セット、手を離して腕立て伏せ50回1セット。
首から背中のあたりが筋肉痛です。

2014年12月30日火曜日

まず脚の筋トレ(74kg)

昨日はスクワット50回x2セット、100m走6本、たらたらジョギングで脚を中心に動かしました。
結構つらい運動です。
早速-1kgです。
今週分は達成したので、あとは維持につとめます。
基本的に食事制限はしません。

2014年12月29日月曜日

定期的にでぶ(75kg)

体重を測ったら75kg。半年で7kg近く増えました。
でぶはだらしない生活から来るものです。
ここ半年の私を振り返ると確かにだらしないです。
けしからんので、改善します。
改善した結果、体重も戻るはずなので、改善の評価は体重を見ることにします。
経験的に週1kgずつ落として8週間で戻せそうなので、2月23日までに67kgを目指します。

今日は雨が降っているので、全身の筋トレします。

2014年12月28日日曜日

聞き分けられない音

RとLを聞き分けるゲームをしてみたのですが、全然聞き分けられないことがわかりました。
マジショック。
とりあえずしばらくの間、できるようになるまでトレーニングします。
そして、いろんな言語を習得して、各国の美女相手に下半身の日本魂を披露しにいきます。

2014年12月26日金曜日

早起きするはずが

昨日はさっさと寝るはずが、忘年会に行ってたら、帰宅1時という体たらく。
そのまま寝たけれど、起きたら9時というクズっぷり。
実にけしからん。
今日は早く帰る。

2014年12月25日木曜日

起きれない

数日前から筋トレ始めました。
腹筋中心で。
そのころから朝が起きれなくなってきました。
夜遅いからでしょうか。
今日は筋トレなしでさっさと寝てみます。

2014年12月24日水曜日

すばらしす

ひさしぶりに只野仁を見ました。
すばらしい。これ。

2014年12月22日月曜日

立ち返る

剣道の話。

剣の出だしの速さは勝機をつかむ重要な要素です。機敏な剣には手首の極めが必須です。
握っているとき、手首が内側に曲がっていると、手首が揺らぎます。手首の揺らぎが剣を遅くします。手首を極めて握ると、揺らぎを小さくできます。なので、機敏な剣で勝負したいときは手首を極めて構えます。

ただし、長時間極めすぎると腱鞘炎になります。夜の試合で相手を満足させられなくなります。これは剣士失格です。注意が必要です。

昼の試合も夜の試合もどちらも満足したいならば、勝負所で勝負するという感覚が必要になるわです、、、が、私はどちらも不甲斐ないので、これ以上書くのは、よしておきましょう。

2014年12月20日土曜日

飲み過ぎた

仲間ができると健全にモチベーションを保てます。
人間は理解しあうことで安らかになれます。

昨夜は叩き合いを好む人たちと酒を飲んできました。
すばらしい会でした。

彼らは、日々叩くことばかり考えていて、叩くための鍛錬を怠りません。
会社の昼休みには30分間木刀を振るそうです。
真夏には汗を絞れるくらいにシャツが濡れるらしいです。
そのまま会社の建物には入れないので、外で水浴びするそうです。
女性社員に上半身裸のところを見られたりもするでしょう。
きっと見てる女性はそのセクシーさに濡れています。
シャツも女性社員も濡らすのを怠らないことを聞いて感動しました。

こういう仲間の話を聞くと、自分も頑張ろうという気になります。




2014年12月19日金曜日

opencv 3.0bメモ

OpenCV 3.0bが出てたので、使ってみました。
宣言をちょっと変えると、これまでのコードが動きました。
#include <opencv2/opencv.hpp>

#if defined(_DEBUG) || defined(DEBUG)
#pragma comment(lib, "opencv_ts300d.lib")
#pragma comment(lib, "opencv_world300d.lib")
#else
#pragma comment(lib, "opencv_ts300.lib")
#pragma comment(lib, "opencv_world300.lib")
#endif


他に変えるところは、CV_BGR2***がcv::COLOR_BGR2***のように名前が変わったくらいでした。

2014年12月18日木曜日

酔鯨 特別純米酒

酔鯨 特別純米酒。
キレ。
生肉か刺身でいきたい酒です。

2014年12月17日水曜日

ひめいちえ旨口純米

ひめいちえ旨口純米。
激軽。
軽い。
うまいと言えばうまいけれど、私には軽すぎる。

2014年12月16日火曜日

七田 純米

七田純米。
美味。
さっと飲める。
良いペースで飲める酒でした。

2014年12月15日月曜日

諦める

時間ないけどなんとかしよう。
出来る限りを尽くす。

2014年12月14日日曜日

考えない練習読んだ

「考えない練習」を読みました。

書いてある現象が実験的に正しいか否かは置いておいて、考え方の参考になります。

売れた本なのでいろんなところにレビューが書かれていますが、とらえ方は人それぞれだと思わされます。

端的に言うと、考えないというのは、周りで起こること、自分の中で起こることを認識し理解するということ。
あとは凛としておくこと。
私はものごとが感情に直結しがちなので、よく学べました。


2014年12月8日月曜日

プレイバックしよう

中国にいました。
中国ではGoogleのサービス全般にアクセスできなかったので、このブログの投稿もできませんでした。

ただ投稿できなかっただけで、この一週間の日記は書いてあるので、明日から4日くらいは、その日記を投稿してきます。
投稿時間も書いた日に戻るように操作します。
ということで。無事帰国しました。

2014年12月7日日曜日

SGA14帰国

4時に起床。
今日は帰宅する日。
2回飛行機に乗ります。
最初のフライトは9時40分なので、どんなトラブルがあっても8時ごろには空港に着いておきたい。

6時。
ホテルをチェックアウト。
カウンターでタクシーについて聞くと、ホテルにはタクシーは迎えに来てくれない、とのことで、道に出てタクシーを探します。
タクシーがそこらじゅうにあるので、あっさりと乗れました。
最初にいくらか聞くと、120元とのこと。
ざーっと早朝の深センを走り、40分ほどで深セン宝安国際空港に到着しました。
市内に入るときよりも早い。
メーターを見ると100元を超えて、高速道路に20元ほどかかっているので、120元を超えています。
しかし、最初に提示した額を運転手が言うので、なんとなく感動しました。

7時。
空港でチェックインに並びます。
朝なのに、結構人が多いです。
さすが中国。人口の国です。
昼間に来たら飛行機乗れないと思いました。

ただ、あまりないルートで帰るせいか、ちょいと手間取ってしまい、チェックインに30分ほどかかってしまいました。
無事に検査も通り、ゲートへ。
バスに乗って移動です。
国内線なので、この国の雰囲気を感じれました。

11時。
機内食。なんとなく甘い。
中国は甘い、辛いと感じさせないと許されないのでしょうか。
楊枝は、どっちの先端も使えるやつが出てきました。クール。
13時20分。
北京首都国際空港に到着。
荷物を待っています。
深センでこの飛行機分をチェックインできなかったので、もう一回チェックインする必要があるのですが、ここで遅れると幸せなことになります。
まだまだ出てこなさそうな感じだけど、どうなるでしょうか。

13時30分。
思いのほか早くに荷物がきました。
深センよりも先に別の空港からの荷物が流れるはずなのですが、それよりも先に数個だけ流れてきた中にありました。
気を使ってくれたのでしょうか。
何気に中国は気が利いています。
再度チェックインして、移動。






14時20分。
ボチボチ時間かかりましたが、義務なしエリアに着きました。
ウロウロして、ビールを購入。
中国的世界的です。

日本で飲むチンタオビールよりおいしい気がする。
ビールは鮮度で決まるのでしょうか。
そしてプルタブです。久しぶりに見た。

15時。
ゲートの前。
もうぼちぼち出発です。
4時間後には日本です。

17時。
ANAの経済的な席のワインはそこそこおいしい。

20時。日本時間。
羽田に到着。
蚊に刺されたので健康相談に行ってみました。
2日前に刺されたばかりなので、潜伏期間で何もわかんないから、なんかあったら電話してねと、すごく親切に言われました。
あまり人は来ないのでしょうね。
じゃないとあんなに親切にしてもらえないと思う。
喜んでもらえるなら、今後はどんどん人を頼ろうと思います。
ということで、今回の旅は終わり。

2014年12月6日土曜日

SGA14 四日目

蚊が気になって深く眠れませんでした。
6時起床。
やることがあったので、カツカツやっていました。

9時。
セッション。

13時。
昼飯。
今日は韓国的な焼肉。
中国でも焼肉は焼肉でした。
普段はあまり食べないけれど、ここはおいしかったです。
緑色した青唐辛子でトリップしそうでした。


14時。
セッション。

16時。
シアター。
すばらしす。
毎度思うけれど、すばらしす。

18時。
ホテルに戻り、帰りの準備。
爪が伸びたなぁ。
ひげも。

ここ数日で共通して言えるのは、町がタバコ臭いこと。
空気悪い。

2014年12月5日金曜日

SGA14 三日目

6時起床。
メールを確認。

7時。
朝食。
ホテルの朝食ビュッフェ。
たまたま日本人と相席になったので、ちょっとおしゃべり。
展示会だそう。

くだもの、まずい。

9時。
セッション。
ハード系は実装をしっかり話している印象。
話は分かりやすいが、作れと言われると私は作れない気がするので、たぶんわかっていないのだと自覚しています。

13時。
食事。
中華を食す。
薄皮肉まんじゅううまい。
チャーハンうまい。
麻婆豆腐辛い。

14時。
セッション。
シミュレーションは結果が違うのは見えるけど、何がうれしいのかいまいち理解できない。
表現ですかね。
環境を理解する話は、結果がすごいので、驚かされます。しかし、技術がついていけないので、辛い。

18時。
食事。
今日は火鍋です。
辛い。
中辛のくせにかなり辛い。



23時。
虫刺されらしき跡が。
寝る。
25時。
蚊のような羽音が聞こえた。
ボディローション塗って対抗。

2014年12月4日木曜日

SGA14 二日目

5時。
起床。
カチカチやります。
朝から車のクラクションが多く、中国は元気です。

9時。
会場で映
像製作側のお話を眺めます。

13時。
宮田先生と三上先生と食事。
蚕という字を頻繁に見るのだけど、これは虫なのだろうか。頼んでないけど気になります。

14時。
セッションもろもろを眺める。
論文書く人は作る力がすごい!

18時。
おみやげを買いに出ました。
中国では果物を食べたほうがいいと旅の仙人に聞いてきたので、
バナナを買おうとして房ごとレジに持っていったが、買えませんでした。
どうやら房ごとではなく、重さを測って袋に入れて、シールを貼る必要があったようです。知らんがな。
結局バナナは買えず。仙人、ごめん。

19時30分。
レセプション。
さっさと撤収。

22時。
隣の部屋のチャイムが鳴り、男女の会話。
音が聞こえる。
ぐっじょぶ!

23時。
寝る。

2014年12月3日水曜日

SGA14初日

6時起床。
何もすることがないので、ウェブサーフィンです。

8時20分。




出発。
出たはいいけど、会場までの道がわからない。ので、
ホテルに一旦戻ってカウンターで聞いてみました。
反対と。
15分ほど歩いて会場であるShenzhen convention & exhibitionの前に到着。

会場のはずが、いくつもの展示会が開催されていてSGA14の開催場所が分からない。
とりあえず中に入ろうと建物に近づくと、遠くからは絶対に見えないくらいにSGAの鳥が見えた。
近くにいる人に登録カウンターを聞くと、すぐに近くでした。
運がいい。

会場を歩いているとリアンティさんがボランティアスタッフとして働いていました。
活動的ですばらし。

セッションはもろもろ聞きましたが、どれもためになりそうな話ばかり。
というのも、今日はcourcesばかりなので、研究者の振り返りの話が多く聞けました。
課題発見の話はなかなか聞けないですので、良い機会でした。

セッションの合間に三上先生に会いました。
もろもろお話をしました。

久保君が走っていました。

11時。
お昼は三上先生とご一緒させてもらって、餃子もろもろ食べました。
良い。
昼からもセッションを見て、世間のすごさを知りました。

19時。
論文のFFSを眺めました。
ちゃんと発表していてすばらしす。

21時。
合流した先生方とお食事しました。

24時
寝る。

2014年12月2日火曜日

中国深センへ向けて出発

深セン。シンセンと読みます。中国語ではもうちょっと中国語っぽい読み方だったはず。

行くことになるまで知らなかった場所です。

 5時40分起床、ざーっと準備して6時10分くらいの電車に乗りました。 おおむね予定通り。でも、いつも使っているコンタクトレンズを忘れました。保存液は持ったのに。 電車。 これも危なかったです。 腹痛で漏れるかと思いました。 無事、羽田国際空港に到着。 用をすまして、搭乗手続き。 これから北京で入国して、深セン宝安国際空港に行きます。


12時20分。
北京首都国際空港に到着。
広い。

北京に予定通り着いたので、ブロガーにアクセスしようと思ったら、アクセス制限が掛かっているようで、無理でした。
Facebookもしかり。
情報規制ですね。

外はガスなのか汚染なのかわかりませんが、遠くのほうは彩度が低い黄色にかすんでいます。

白いマスクしているのは日本人、黒いマスクをしているのは中国人。そんな感じです。

2時間の待ち時間は趣味のプログラムをして過ごしました。

19時30分。
そして深センに到着。
深セン宝安国際空港。
空港はめちゃくちゃ広い。

換金しました。
0.0497円で1中国元に替えれました。日本よりも円を高く買ってくれます。

荷物を確かめるためにトイレの個室に入ったのですが、事前の情報通りトイレットペーパーがありませんでした。
そして、紙を流しちゃダメなパターンで、使った紙はゴミ箱に捨ててありました。
さすがCHINA!

次はタクシーです。
赤いタクシーと緑タクシーがありました。
説明は書いてあったのですが、中国語なので良くわかりませんでした。
ただ赤いタクシーに多く並んでいたので、何となくこっちかと思い並びました。
それで列が進んで、いよいよ私が乗る番になったのですが、後ろから来た別の人が乗り込んでしまい、私は乗れませんでした。
この空港では、タクシー乗り場は一台ずつ止まって人を乗せるわけではなく、縦にタクシーが並んで、後ろも前も関係なく、次々人が乗り込んで行きました。
一回タイミングを外すと、次々人が乗り込んでいくので、乗れなくなります。
早い者勝ちでした。
私は数分乗れませんでした。
中国を感じました。

20時10分。
何とかタクシーに乗り込むことができたので、次に目的地のホテルを伝えて、発進しました。
中国語で会話できないので、簡単なつたない英語で会話しました。
それはそれで楽しかったのですが、どこから来たのか的なことを聞かれたので、JAPANと答えると、驚きの声をあげ、その後は沈黙でした。
中国では日本人は敵なのだと察しました。
街中ではブラジルから来たと言うことにしよう。

21時20分。
タクシーの運転手がホテルの場所を若干間違えたせいで、予定よりもちょっと多く払いましたが、ま、誤差の範囲です。
深セン宝安国際空港から会場近くまでおおよそ1時間でした。
とにかく、ホテルに着きました。
Golden Central hotel。
ここでもほとんど意思疎通ができませんでした。
1か月くらい滞在すると、たくましくなれる気がしました。
人の助けもあって、無事部屋に入れました。

さて、部屋に入ってしばらくすると、周りがやけにうるさい。
ドンドンと何かが壁に当たる音がします。
きっと周りの部屋の椅子の音が響いているのだと思います。

24時。
寝ます。




2014年12月1日月曜日

荷物の準備

パスポート
パスポートのハードコピー
トイレットペーパー
ティッシュ
ハンカチ

電卓
スマホ(中国語の辞書)
日中単語対応表
各種書類
石鹸
かばん
現地用ネット
パソコン

11月は21.2km

8回しか走れませんでした。
風邪の影響は大きいです。
多くがストップします。