2016年8月31日水曜日

高熱

はい、また出ました、48度以上の高熱。
いやーまさかこのタイミングで唸るとは思ってもみませんでした。
無理が祟ったんでしょう。

起きてすぐに関節が痛んだんで、ついにきた成長期か、と思いましたが、その後すぐに体温が高いことが実感できました。喉も痛いし、これは風邪だ。とすぐにわかりました。

ということで、今日はここまで!
TODOリストがいっぱい。終わらなければ死ぬやつがいっぱいだぁ。


と浮かれていれたのは4時までで、朝9時になると39度に上がっていました。
それくらいの熱になると関節が痛くてまともに立てません。
食欲も皆無。

唸りながら1時間ほどして、病院へ。
11時くらいに、診察が終わって、何を言うでもなく解熱剤と抗炎症剤の処方箋をもらって、即購入。

飲んで30分くらいしてからかなり楽になりました。

その後3時間でまた辛くなってきて、また薬を飲みました。

するとまた30分くらいして、落ち着いてきました。

死ぬかと思いましたが、薬があればだいたい落ち着いてきますし、食べれるようにもなってきます。
食べれるとさらに楽になりました。

ということで、食べれるようになるまで解熱するのは大切です。

2016年8月23日火曜日

謎の新技術

台風のせいで、朝からびちゃびちゃで、不快な一日だったのう。
あーあ、やってらんねー、と帰ってポストを開けたら豆屋からのお知らせ。

いつも買っている生豆本舗にブレンドシミュレータなる謎の技術ができたらしい。
ウェブの会員でないと使えないっぽい。マニアな感じ。
今度使ってみます。

それにしても謎の技術は興味深いもので、味わい深い。
謎の技術と言えば、食道から胃の検査に使うバリウム。
アルビノを産むことができます。
はじめての時は衝撃的でした。
他の人も同じ気持ちなのか聞いてみたいものです。

ということで、欲求を満たすために、身近な経験者で達人のニシトモ先生と話したことがありました。
すると、出ずに放っておいたら死ぬでということを聞きました。
死ぬかアルビノ産むのかの二択かよ、と。驚きましたが、ま、下剤飲むので、基本的にアルビノしかないです。水飲むをサボったり、酒飲みまくったら固まるらしいです。腸に張り付くとも言ってました。少なくとも私は固まって死にたくない。

その話の後、水、下剤、水、下剤、とやったら、しばらく外に出れなくなりました。
流石、ガチ勢。一気に攻撃してきます。
ここまでの効きなら、手加減なし、警告なしで撃つ相手だと先に言えよと。
漏らしたわけではないですが、短時間に非常に多くの水分を失いました。
本当にありがとうございます。

2016年8月18日木曜日

2016年8月17日水曜日

乱世乱世

昨日は終戦記念日だったらしい。ほんとかよ。
見たら本当だった。8月15日。

こんな平和な時代に私はなんてことを考えていたのだろうか。悲しいですことよ。

情熱が不幸を招くことは少なくない。
注げば注ぐほど、不幸にも命を浪費する。

こういうのの原因はだいたいバカのせいである。

そういう輩は基本的に周りを巻き込んで、自分の正義を振りかざす。
完全にイカレたメトロノームである。
バンド崩壊まで頭を振り続ける。

そう。だいたい私のようなやつのせいである。
実に気持ちが良い。
乱れた後は一網打尽である。

新しい英単語に触れる気が増えた。
全く知らない言葉ばかりだ。
さて明日話す内容を書いてみよう。

I don't have dexterity to control my own mental.
It is abominable.
I am going to talk about a story as an example.

When I took a train home, I was standing and a guy seated in front of me in the train.
This guy looked playing a video game with a portable device.
It was not an inscrutable scene. It is a mundane one.
But, from here, decadent scene started.
He began to often stare to the next guy while playing.
Maybe the next guy contacts him.
But I had seen these guys; nevertheless I hadn't seen this contact.
Even if he was touched, his manner was impertinent.
I like orthodox manners; however I hated the impertinent manner and felt he should receive a pungent retribution, vehemently.
Any scene like this one perplexes me.
The distance between his position and mine was more aloof than that between a larceny's and mine.
If I had a latent deft ability and it was coming, I would give him one.
Even if he blandished me, I would be not able to forgive this guy; his value was frivolous.

I believe it is not necessary to keep being an altruism and prudence, but own manner is important.
For my ecstatic life, I want to rescind a law to protect this type of people that lack the manner.
Now I am refraining it, but I want to impugn the people of this type anytime.

なんだこの暗すぎるきもい話は。ま、嘘だしいいや。


2016年8月15日月曜日

今夜、ちょっと時間を作って、これまでの品を作り直そう。

2016年8月7日日曜日

猫ひろしさまがカンボジア代表でオリンピック出ているというニュースを見て感動した。38歳。国の代表に選出されるほどの努力した人をバカにできる人はいないだろうな。

マジですごいと思って、自分の雑魚さにがっかりする。
世界に挑戦すると言うことは、相当な覚悟だ。

自分のやりたいことをやるんだ。
それを突き詰める。

英雄オイディプスになるでござる。

このニュースを見たときは本当に感動した。

自分は外のコメントに頼りすぎだった。
それはきっかけになるかもしれないが、突き抜けるには意思が必要だと思う。

とかいう、きれいごとはどうでもよくて、結果結果結果。
努力など不要。
結果があれば、どんな努力も無力。
まさにこれでよい。

最近、結果ねー。死んだ。

2016年8月2日火曜日

シン

ぎゃーぎゃーぎゃー。と叫んでみたけど、全然リアリティがない。自分はゴジラにはなれない。

最近の悩みはシンゴジラをいつ見に行くかであった。見に行きたかったけど、何日たっても行っていない。本当は行く気ないんじゃないか、俺。

私にはもっと重要なことがあるからだ。と言っていて、言ってるだけ。遊んでいるだけ。そんなやつは死んだ方がいいと思っていた。し、今でもそう思う。


2016年8月1日月曜日

や、

昨日はものすごい頭痛で、ロキソニンに頼るレベルでした。
頭痛は怖い。
原因はただの当日酔いだとわかっているので、あれですが。
頭痛いながらも、寿司食いに行ったのですが、またその寿司が微妙でおいしくないわけです。
おまかせにぎりにしたら、その店の最高のものを出してくれると信じているのですが、いまいちで、なんかもう、ほんと、ここダメだなと思いました。
いままで行った中でよかったのは、亀戸にあるすし屋の弥助という店です。おまかせは4000円でしたが、それ以上の価値を感じました。思い出したらまた行きたくなってきた。